Vent+実育山梨「ヴァンフォーレ夢のチカラ」北杜市立須玉小学校

2018/12/02
11月14日(水)に「ヴァンフォーレ夢のチカラ」で小椋祥平選手が須玉小学校にお伺いました!

■Vent+実育山梨とは・・・
 ヴァンフォーレとして取り組んできたスポーツ普及活動において、「食育・体育・徳育・知育」を意識した活動プログラムを実施することで現代社会の抱える問題を解決に導くための活動を総称して名付けました。  この活動は、各市町村などの行政やヴァンフォーレオフィシャルスポンサー間で教育的な観点を意識して展開するものであり、地域や家族の絆づくり、また、実りある人を育み「つよく いきる」子どもを育て、「やさしく くらす」ことのできる山梨県の地域活性化に寄与することを目的とするものであります。

■ヴァンフォーレ夢のチカラとは・・・
 ホームタウン活動の一環として、ヴァンフォーレ甲府の選手が小学校を訪問し、児童とのふれあい活動を通じて、ホームタウンの子どもたちの夢を育み、健全育成に寄与することを目的とします。  また選手がこの活動を通じて、社会貢献活動への理解を深めるとともに、地域に根差したクラブづくりを推進し、地域に親しまれ、愛されるクラブづくりを目指すことを目的とします。


 この日は小学5年生を対象に授業を実施しました!


 まずはデモンストレーション☆女の子でもサッカーをやっている子が多く、白熱したボールの取り合いも☆


「小さい頃、県選抜などに選ばれることは無かったけど、とにかくサッカーが好きだった。だから誰よりもボールを蹴っていた気がする。色んな要因でサッカーを辞めたいと思った時期もあったけどコーチの言葉で辞めずに続けれた。結局、サッカーが好きで嫌いになることは無かった」(小椋選手)


クラブからは賛助金「こども夢プロジェクト」で集まった賛助金により全校児童にヴァンフォーレ甲府のホームゲームチケットが贈呈させて頂きました☆


 最後には「小椋コール」を全児童から頂きました☆ 強烈な声に写真がブレました 笑
 教員の方々も熱く応援してくださっている方が多く、この日のために練習してくれたとか・・・。有難い!

 とても活発で元気な須玉小学校のお友達でした!また質問も次々にしてくれる積極性も◎
 皆の将来が楽しみです!ありがとう!